競馬予想ブログST

〜予想出馬表 坂路データ〜

予想出馬表の説明と考え方

チェックマーク 背景青の好 は単純に坂路好タイム馬です。チェックマーク 背景赤の坂 は管理人独自のフィルターによる坂路データ分析注目馬です。出馬表の印と数値は全てソフトまかせの自動出力。前走コメントを考慮するかは個人の判断でどうぞ。複数のファクターをどう組み合わせるかは貴方しだいです。


第159回天皇賞(春)をサンプルに少し解説します。エクセルに張り付けて人気順に並べ替えると分かりやすい。ZSの欄を見るとグローリーヴェイズ129、これが1番人気にならなければ狙い目になる場合がある。129という数値はかなり信頼度が高い。フィエールマンとエタリオウも125を超えてるけど、この2頭は順当に1番人気と2番人気。単純に買うなら3頭の馬連BOXで良かったという結果論ではあるが、こんな考え方の予想も有る。

パフォーマプロミスのデータも分かりやすいように重要な所に赤色を付けた。こうして見ると買えない馬では無いよね。私の狙い目候補にもグローリーヴェイズとパフォーマプロミスが入ってる。

他のレースも同じように人気順に並べ替えて印と数値をよく見れば軸として信頼できそうな馬なのか?それとも穴馬として狙えるのか?馬券の組み立て方しだいでは美味しい結果になる場合も有る。

← Scrolling →
2019年 4月28日(日) 3回京都3日目 13頭 [15:40発走]                                
【11R】  第159回天皇賞(春)   
4歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) 芝3200m・外 (C)  
馬名S 替 騎手 ZS KD TA TB NA NB SP SA GT TS TM DS DM
1 7 10 フィエールマン   14 ルメール 127 ×       0   95     ディープインパクト
2 B2 2 エタリオウ   5 M.デム 126   93   93     ステイゴールド
3 6 9 ユーキャンスマイル   10 岩田康誠 124         D  91   91     キングカメハメハ
4 8 12 クリンチャー 5 三浦皇成 101       ×       A  84   95     ディープスカイ
5 4 5 メイショウテッコン 5 *福永祐一 122       95   95     マンハッタンカフェ
6 5 7 グローリーヴェイズ   15 *戸崎圭太 129     0 63 91     ディープインパクト
7 8 13 ロードヴァンドール   6 横山典弘 103               84   93     ダイワメジャー
8 6 8 パフォーマプロミス   11 *北村友一 113       0   93     ステイゴールド
9 5 6 カフジプリンス 6 中谷雄太 105     × × C 88   88     ハーツクライ
10 1 1 チェスナットコート 5 坂井瑠星 94         B 79   94     ハーツクライ
11 3 3 リッジマン   6 蛯名正義 107 ×         79   91     スウェプトオーヴァ
12 4 4 ヴォージュ 6 和田竜二 101                 70   89     ナカヤマフェスタ
13 7 11 ケントオー 6 幸英明 92               76   90     ダンスインザダーク

ZS=前走成績指数
これが高いと人気になる。前走が同クラス、同条件(芝、ダート)同距離前後なら125からは信頼度が高い、130を超えると信頼度は激高になるが、ほぼ1番人気になる。逆にこれが高いのに人気が無い場合は狙い目。

KD=総合統計評価
血統、騎手、馬番などの統計的な組み合わせ評価。タイム指数予想とは違った評価になる事が多いので、補助的な評価と考えた方が良い。

TA=単勝確率評価
複勝率が高い馬とは違う計算で1着の可能性。◎は、ほぼ1番人気~3番人気の馬になる事が多い。競馬新聞の印と似たようなものになると思うよ。

TB=複勝確率
単勝確率とは違う計算で複勝確率。他の項目が無印なのに複勝確率だけに重い印が付く馬がたまに居るのだけど、私の経験から言えば要注意、人気薄で激走する場合がある。

NA=想定走破タイム比較
馬場、コース、血統などを考慮、展開と位置取りは考えないで走破タイムを想定してどの馬が一番早く走れるか。

NB=想定対戦比較
トーナメント方式で1対1で対戦すると仮定した場合にどの馬が勝ちあがるか。

血=コース成績評価
血統の細かい分析はキリが無い、専門家でないなら予想には大まかなABC程度で。ハーツクライ産駒が好成績なコースならハーツクライ産駒ににAが付く、ハーツクライ産駒が3頭いればABCとなるはず。該当産駒が1頭なら次にコース成績が良い産駒にBが付くといった感じ。

SP=スピード指数
ABCDは前走、XYZは過去に同条件距離などで高い数値を出したことが有る。組み合わせは、AXが一番強いと考えて良いけど、これも他の印との組み合わせやオッズしだい。

SA=スピード指数
過去5走平均値評価。不思議なことに平均値が高い馬が強いとは限らないんだよ。特定の条件では爆発するような馬は平均値は低いから注意が必要だね。

GT=レベル指数
前走又は近走同条件の評価。結果に直結する場合が多いのだが、高い数値の馬は人気になるはずだよ。

TS=芝短距離最高値
最高値は1年前か、それ以上に前の場合が有るので安易に最高値で比較しない方が無難だけど、1年ぶりに激走したりする馬はこの数値が高い。芝短、芝中、ダート短、ダート中、共通です。

TM=芝中距離最高値

DS=ダート短距離最高値

DM=ダート中距離最高値

出馬表のアルファベットの意味を簡単に説明したけど、これを詳しく考える必要は無い。競馬理論や馬券理論は多数あるが、単純に分かりやすく記号と数値で一覧にしたものなので、個々のロジックに拘ると逆に迷うことになる。印の付き方と人気のバランスを理解できれば、あとは自分の推理で組み立てるだけ。

私は競馬新聞もスポーツ新聞も読まないけど、テレビの解説者の話しから推測すれば、競馬の予想は40年前と大して変わってないね。結局は自分が記憶してる馬や目立つ馬。初めから5頭ぐらいに決まっていて、血統、展開、馬場、騎手、その他、理由を後付けした解説が予想になってる感じだね。

競馬の予想は素人もプロ(解説者とか予想家)も大して変わらん。自由な発想、独自の推理で馬券を買って当たれば正解。それだけのこと。
ST

Don't believe what you're told. Double check.
Never take anything for granted.
If you feel like you are being played, you probably are

-Leroy Jethro Gibbs-